早漏には4つのタイプがあり、それぞれに原因があります。どのタイプに該当するか見極め、早漏改善を行うことが重要です。

早漏について

早漏改善薬

早漏のタイプと原因

一般的に早漏は、4つのタイプに分けられています。

1.過敏性
2.包茎性
3.心因性
4.衰弱性

症状は同じものの、それぞれ原因が異なります。
ここからは、これら4つのタイプの原因などについて詳しくまとめたものを紹介します。

【過敏性早漏】

早漏の引き金No.1!過敏性早漏について

早漏の中でも最も多いとされているのが、この過敏性早漏です。
皮膚あるいは粘膜の神経など、ペニスの感触神経が敏感になってしまう事で起こります。
例えば、亀頭が性的な刺激に弱く、少し触られただけでも射精してしまいます。
性経験に乏しい若者やスポーツマンなどにも多いと言われています。

【包茎性早漏】

包茎男子は要注意!包茎性早漏について

これは仮性包茎と呼ばれるタイプの人に多く見られるタイプです。
勃起状態にならない日常生活では、亀頭が露出していません。
つまり、包皮に覆われているので亀頭が外部からの刺激に対して弱くなります。
セックスの時に膣圧や直接的な刺激を亀頭に受けていしまうと、耐えることができず早漏になります。
仮性包茎自体は治さずとも生活に支障が出ることがありませんが、早漏となっているのであれば治療が必要となります。

【心因性早漏】

不安や恐怖が関与!心因性早漏について

これは、こころが招く早漏です。
セックスに対しての不安、恐怖心あるいは初めてのセックスでは極度の緊張などが原因となります。
何かしらこころの抱えるマイナスな面が要因となるので、経験が少ない人や長期間セックスをしていなかった場合などに起こりやすいと言われています。
こころに直接効く薬や治療というものはないので、人によっては治療に時間が掛かってしまうことがあります。

【衰弱性早漏】

筋力の低下が招く!衰弱性早漏について

簡単に言えば、加齢が原因となるタイプ。
年齢を重ねることで、筋力などが低下していきます。
射精をコントロールする筋肉である「射精管閉鎖筋」という筋肉の筋力が低下すると、自らの意志で射精を我慢できなくなります。
筋肉が衰えはじめる、30代後半~40代の男性に多いとされています。
原因はそれぞれのタイプによって異なりますが、症状は変わらず短い時間での射精となっています。

早漏の定義まとめ

定義についてまとめると、以下のようになります。

・1分以内での射精
・自らの意志によって射精をコントロールできない
・症状のためにセックスが苦痛

これらのどれか1つでも該当しているのであれば早漏と判断されます。

逆を言えば、これに該当していないのであれば一過性のことで気にする必要はありません。
気にし過ぎは心因性の早漏を招くとされ、思い込みでも発症することがあるので考え過ぎは禁物です。

早漏の疑いがある場合は自ら改善に向けて動くことが重要です。
紹介した4つのタイプを補うことのできる早漏改善薬リドカインについては下記リンクよりご確認ください。
リドカインなら、貴方の悩みをきっと解決してくれるはずです。

■早漏改善に効果的なリドカインとは