早漏とED(勃起不全)には共通点があります。精神的・肉体的な面から早漏改善とED治療を行う必要があります。

早漏について

早漏改善薬

早漏との併発も危惧されるED(勃起不全)

中高年男性の中で多い生理病が勃起不全、所謂EDです。

これは名前の通り、勃起力が低下することでそれまで当たり前に出来ていた勃起という生理現象が不十分になってしまう生理病の一種とされています。

当然、ペニスがついているのは男性のみとなるので男性特有の病気であることが分かります。

EDと呼ばれることもあり、こちらの呼び名の方が馴染み深い人もいるはずです。

若年層にも生じ得る勃起不全とその特徴

この病気はそれまで中高年代の病気として考えられてきましたが、実はそれはいま変わりつつあります。
20代の若者にも増加の傾向があり、若くして勃起力を低下させている男性もいます。

勃起不全を起こす原因には幾つかあります。

若者に多く見られる「心因型」のED

これは、こころの問題が勃起力に影響してしまうタイプです。
こころの問題と聞くと「うつ病」などの精神疾患と結びついてしまうかも知れませんが、それ以外にも不安や緊張など様々な精神状態が勃起力を左右するとされています。

ネガティヴな精神状態は早漏にもEDにも共通して関係するのです。

他にはストレスや過労といった負担や過去に負ったこころの傷が影響していることもあります。
つまり現実あるいは過去とを問わず、こころの問題が影響して勃起不全を起こしてしまいます。

年代別にみると圧倒的に40代での発症が多いですが、若者にも増加してきている事は忘れてはいけません。

中高年層が抱える勃起不全とその特徴

上述のように、昨今若年者であっても発症する勃起不全ですが、EDに悩む多くの方はやはり40代からの中高年となっています。

こちらは肉体的な要因で起こるものがメインです。

中高年男性に多く見られる「器質型」のED

歳を重ねるたびにからだは徐々に融通が利かなくなり、若い時に出来たことが今では出来なくなっていることも多いはず。
それに加えて、長く付き合ってきたからだにガタがくるようにもなります。

生活習慣病や循環器系の疾患など、病気によって勃起不全を招いてしまう事が多いと言われています。

肉体的な不具合もまた、早漏とEDに共通して関係するのです。

なかでも多いとされるのが、加齢による動脈硬化です。
病名の通り、血管が硬くなってしまうことで十分に血管を拡げることができなくなってしまい、血液流入不足によって勃起不全を起こします。

同じように糖尿病なども血管の拡がりが不十分なことで、勃起不全となると言われています。

原因が異なる2つのタイプを紹介しましたが、これらどちらもを原因とすることもありそれを「混合型」と呼びます。

また飲んでいる薬の副作用の影響で起こる「薬剤型」などもあります。

生活環境の中に勃起不全を招くことはたくさんあり、一見すると関係ないようなことも勃起不全につながることもあります。

なので、日々の健康管理などが大切になってくるはずです。

早漏と勃起不全を併発している場合には、スーパーカマグラやタダポックスが改善策として有効となります。

■スーパーカマグラについて

■タダポックスについて