早漏改善薬リドカインの特徴と作用機序、男女のオーガズムの違いから解析する早漏の問題点について解説します。

早漏について

早漏改善薬

早漏とオーガズムの関係性

人は物理的な刺激を受けたり、五感を使うことで性的な興奮を催すようになります。

こうした刺激や興奮が継続することで、それはどんどん高まっていきピークに達して時点で心理的な絶頂感である「オーガズム」を迎えます。

このオーガズムは男性と女性とでは異なる感覚だと言われています。

性別が異なる以上、1人が男女どちらものオーガズムを経験することはできないので具体的な違いについて表現することは難しいですが、回数による違いはあります。

男女で異なる絶頂感とその特徴

1回のセックスで男性の射精は1回のみですが、女性の場合には何度でもオーガズムを迎えることができます。

男性の射精について

男性の特徴として、快感がピークに達するとオーガズムと一緒に射精します。

このことから、早漏である男性は、快感がピークに達するまでの時間が短いと定義できます。

また1度の射精によって、脳内の「脳下垂体」という部位からプロラクチンというホルモンが血液の中に分泌されるようになります。
このホルモンは女性の場合には母乳を作る働きを持っていますが、一方で性欲を抑える働きもあります。

つまり、男性はこのホルモンの影響によって射精後は急激に性欲が減退し興奮も通常の状態に戻ると言われています。
例外もあり、分泌が少ない男性の場合には射精後も性欲が衰えてしまうことがないと言われています。

男性は、急激に冷めてしまうのがオーガズムのパターンとなります。

女性の絶頂について

女性も男性と同様に、刺激や興奮によって快感が高まっていきます。

しかし、ピークの迎え方が男性とは異なります。
男性は一気にピークに達しますが、女性は高い感度を持続する時間帯があります。
そこから更に感度が高まることで、オーガズムへと達します。

また、1度オーガズムを迎えても、感度が急激に冷めることもなく、しばらく性的な感度は高い状態を維持するとされ、時間をかけて減退していくとされます。

「マルチオーガズム」と呼ばれるものもあり、1度オーガズムを迎えてもその後に刺激を受け続けることで、女性は快感を持続させ何度でもオーガズムを迎えることができるのです。

オーガズムの違いで生じる男女の不和

上述したとおり、女性は男性とは異なり、何度もオーガズムに達します。
しかし男性の射精は通常1回の性交渉においては1回のみです。

ここでもし、男性があっという間に射精してしまう早漏だった場合どのようなことになるでしょうか?

当然、女性は満足できないまま性交を終えることとなります。
男性だけが満足し、パートナーである相手は不満を募らせるという最悪な結果を招くことは火を見るより明らかです。

残念なことですが、日本人女性の約50%はオーガズムを経験していないと言われています。

これは、興奮が平坦になった時に満足してしまうことや、パートナーである男性がそれ以上の刺激を与えないことなども原因になっています。

またセックスは子作りのためであり、快感を得るものではないとい文化なども影響していると考えられています。

もともと男女間で違いがあるのに、それに加え男性側が早漏であれば女性がオーガズムを感じることができないのはある種当然のことと言えるでしょう。

性行為は自慰とは違います。
相手あってこその行為です。

ここまでお読みいただいた早漏に悩む男性陣は既にお気付きのことと思いますが、早漏は、自分のためだけでなく、パートナーのためにも早急に改善する必要がある症状なのです。

このように、冒頭から偉そうなことを書いてしまいましたが、実は当サイト管理人である私も、以前は早漏に悩み、当時の彼女から「私はあなたとのセックスに満足できてない」などと言われ深く傷ついた経験があります。

そんな情けない早漏の私を救ってくれたのがリドカインでした。

次に、早漏改善に効果的なリドカインについて解説しますので、早漏を克服する手段として活用してください。

恥ずかしながら私のリドカインによる早漏克服体験も掲載していますので、お時間に充分な余裕のある方だけ、チラッと読んでいただけますとうれしいです。


■リドカインで成功した早漏改善秘話

早漏改善に効果的なリドカインとは

リドカインとは、表面を麻酔する事ができる表面麻酔で、医療現場でもあらゆる局面において使用されることが多い利便性の高い局所麻酔です。

様々な部位に使用することができ、痛みを伴う治療に対して以外でも男性の早漏防止薬として使用される機会もあります。

局所麻酔以外の使用用途としては不整脈の治療にも使用されるケースがあります。

塗り込んだ場所の神経を一時的に麻痺させることで、感覚を鈍くすることができます。

以下にリドカインの詳しい作用と特徴、使用方法を説明します。

リドカイン基礎講座

リドカインが抑制する痛みのシグナル

何かにぶつけたり、傷を負った場合にその部位では「痛みのシグナル」が発生します。
このシグナルが神経を通して、脳に到達することで、痛みを感じるようになっています。

「痛みのシグナル」→「神経」→「脳」の中で、リドカインは、神経を遮断することで痛みを抑えることができます。

Naイオンと痛みの関係について

さらに詳しく痛みについてみていくと、神経をシグナルが通過していくためには、電気信号の働きが重要となります。
もっと言えば「Naイオン」の働きが大切となります。

私たちのからだの中の細胞の内と外では、常に電気の差が生まれています。
とくにNaイオンは細胞の外側に多く存在していると言われ、何も刺激がない状態ではプラスに傾いているとされています。

ちなみに、細胞の中はマイナス性の電気を帯びていると考えられています。
ここに痛みのシグナルが伝わってくると、外側に存在しているNaイオンが細胞の内側に入り込むようになります。

すると、それまでマイナスに傾いていた細胞内の電気がプラスへと転換されるようになります。

この転換が合図となって「痛みのシグナル」が脳に伝わるようになっています。

Naイオンを細胞内に取り込む働きを担っているのが「Naチャネル」という輸送体になります。
つまり、このNaチャネルを阻害することで痛みを感じない状態へとすることができるようになります。

リドカインの豊富な剤形

早漏に対しても同じように、過敏になっている神経を一時的に鈍くすることで性的な刺激への耐性を整え、感度を一定まで低下させることができます。

本人の短い時間での射精を防ぐことができるので、痛み以外にも早漏を防ぐための局所麻酔として男性器に直接使用することができます。

剤形も非常に豊富にあり、「塗り薬」をはじめ、「液剤」「スプレー」「ゼリー」などもあります。
なので、様々な部位に使用することができます。

クリーム状のリドカイン

木のへらなどでキシロカインが配合されたクリーム状の液体をペニスに塗るタイプ

スプレー状のリドカイン

意図しない部位についてしまうことを防ぐためスプレーをペニスに噴射するタイプ

使用方法

早漏に使用する場合に注意が必要になるのは、用量です。

クリームやスプレータイプなどがありますが、このどちらもはじめは少量からのスタートとなっています。

1度に多量に使用してしまうと、早漏とは反対の「遅漏」を招いてしまう可能性があるので少しずつ使用して下さい。

早漏改善に用いるリドカインの使用手順

・クリーム状、スプレー状いずれの商品も男性器に直接塗り、しばらく時間を置きます。

・一定時間が過ぎたらリドカインを塗った男性器の局部をしっかりと洗い流します。

ここでのポイントは、女性にも効果が移ってしまうことがあるので、使用してから15~20分を目安に洗い流すという点です。

リドカインは速効性が高く、作用も強いので、この時間でも十分に成分を浸透させ効果を発揮させることはできます。

その結果、男性器自体の感覚を鈍くさせる効果を得ることができ、性行為の際に受ける男性の感覚を抑えることで、挿入時間を増やす役割を果たすとともに早漏改善を促します。

様々な早漏タイプに対応するリドカイン

この早漏(PE)改善には、相手女性の裸やその行為中に感じている姿や声といった視覚や聴覚的に反応するタイプである精神的な早漏タイプと、男性器の感覚がとても敏感であることからすぐに射精してしまう肉体的な早漏タイプの両者に効果があります。

■貴方はどのタイプ?症状別に解析する早漏の原因

早漏を防止する手立てとして、スクイーズ法やセマンズ法といった早漏改善トレーニングがありますが、リドカインはそのような手間をかけることなく早漏改善できる大変便利な商品です。

■早漏改善トレーニング・スクイーズ法とセマンズ法

局所麻酔効果のあるリドカインであれば、精神的、肉体的、または両方の早漏タイプを克服することができるのです。

また、リドカイン以外にもスーパーカマグラという、男性器自体のEDの改善の要素を含み、さらに早漏改善の要素も合わせもつ商品を使用することで、より早い段階で早漏を改善することが可能となります。

早漏改善の第一歩としてリドカインは必須ですが、更にEDの改善や勃起力のアップを狙いたいという方はスーパーカマグラなどの医薬品を服用すると良いでしょう。

■個人輸入で入手できる早漏防止薬

スーパーカマグラについて興味がある方は下のリンクからどうぞ。

■スーパーカマグラで実現するEDと早漏改善